JASMINEて何?

Nano-JASMINE

JASMINE基本仕様

JASMINEデザインの変遷

JASMINEの特徴は?

HIPPARCOSで距離が10%以内で決定された領域(黄色丸)とJASMINEが10%の精度で観測する予定の領域(青い線)、及び1km/sの精度で速度を観測する予定の領域(赤い線)。図をクリックすると拡大します。郷田直輝作図。
1989年に打ち上げられたHIPPARCOSでは、10%の精度で星の距離を測定できる範囲は距離で300光年、図で書いた小さな黄色い丸の範囲でした(V 等級で10等星の場合)。観測された星の数も、Vで12等級までの約12万個でした。JASMINEでは、10%の精度で距離を測定できる範囲を、図の青い線の範囲にしようと計画しています(z等級で14等級の場合)。また、星の運動が1km/sの精度で観測できる範囲を、同じく図の赤い線で書いてあります。これにより、数億個の星の距離を、10%以内の精度で決めることを目標にしています。距離の精度が10% というのは、位置天文学では非常に重要な数字です。距離の測定には年周視差を使いますが、この方法で距離を決める場合、10%以上の誤差があると結果の信頼性は急に低くなります。

HIPPARCOSで観測される領域内の、変光星の分布。図は、DIVA のページへのリンク、クリックすると拡大します。
宇宙論的な距離の決定には、セファイド変光星やこと座RR型変光星が重要ですが、300光年の範囲にはこれらのほしはほとんどありません。そのため、大マゼラン星雲や銀河系のまわりに多数ある球状星団までの距離は、約20%の不定性が残っています。3%の距離の不定性があると、宇宙の年齢を推定する際に10億年程度の誤差になります。

位置天文学の人工衛星は、世界で5つほど計画されています。距離が10%の精度で決められる範囲は、ヨーロッパのGAIAという計画(V等級で15等級)でもJASMINEと同じ程度です。JASMINEの最大の特徴は、赤外線で観測することです。

可視光(Vバンド)および赤外(zバンド)で観測される星の数。精度要求(σ/π<0.1)を満たす、1平方度あたりの星の数。図はl=0、b=1度方向のもの。赤の棒グラフがJASMINE仕様、青の棒グラフがGAIA仕様のもの。作図、上田誠治。(クリックすると拡大します。)
我々の銀河系の中にはガスが沢山あります。このガスは、星の光を吸収するため、銀河ディスク付近や銀河中心などでは、星は非常に暗く見えてしまいます。赤外線は、このガスによる吸収を受けにくいため、銀河中心付近で観測できる星の数は、可視光線で観測するよりもはるかに多くなります。図は、可視光(V)と赤外線(z)で、銀河中心方向のディスク面に近いところで観測できる星の数を、地球からの距離の関数として書いたものです。

我々の銀河の運動や進化を考える場合、星が密集しているディスクや銀河の中心付近の星の距離や運動を正確に決めることが、非常に重要になります。