JASMINEて何?

Nano-JASMINE

JASMINE基本仕様

JASMINEデザインの変遷

システム要求審査

SRR

アルカンタラサイクロンスペース社およびユジノエ社のメンバー5 名が来日され、東京大学、国立天文台、信州大学、京都大学のメンバーおよび打ち上げ機をアレンジしてくれているNPO法人国際宇宙平和協力推進機構の方が京都大学に集まり、SRRが実施されました。衛星側、ロケット側双方のタスク、交換が必要な情報、インターフェースの数値、スケジュール等が確認されました。

SRR
SRRを前に、2010/10/09一行は京都へ移動され、京都市内のお店で夕食をとりました。
SRR風景
SRRは京都大学理学部物理教室の一室で行われました。左から、酒匂信匡(信州大学)、山田良透(京都大学)、郷田直輝(国立天文台)、中須賀真一(東京大学)、Oleksandr Serdyuk(The General Director of the ACS)、Yuliya Arkhypova(Leading Translator, Yuzhnoye)、Olexandr Kushnar'ov(Head of Missile & Space launch Systems, Yuzhnoye)、Vladyslav Sydoruk(Deputy Head Designer, Spacecraft Office, Yuzhnoye)、Sergiy Guchenkov(Chief Commercial Officer, ACS)、撮影は稲守隆哉(東京大学)
京都大学付近のお店で、SRRの打ち上げが行われました。